革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

ビジネスで効果を発揮する名刺の記載内容

ビル

名刺は主に初対面の相手と接する際、自己紹介目的で交換をしたり手渡すなどして用います。
最近では学生間、共通の趣味をもつ集まり、そしてママ友サークルなどでも交換が行われるようになってきておりますが、とりわけビジネスにおいては自分を売り込むための非常に大事なツールの一つとなっています。
名刺交換がもっともよく行われる場の一つに異業種交流会がありますが、通常数十人の相手と交換を行うため、渡した相手が自分のことを覚えてくれている可能性は低いといえます。
ビジネスの場で効果を発揮させる為には、いかにして相手に自分を印象づけるかという点に着目し、名刺の記載内容を工夫する必要があります。
記載内容の工夫の仕方は様々な手法がありますが、まず第一は自分の顔写真を掲載するということです。
外見は最も記憶に残る情報の一つで、名前は忘れていても、顔さえ分かれば思いだしてくれるケースは非常に多くあります。
第二に自分の強み、得意分野を強調する様な記載にすることです。
複数の業務をとり行う会社であっても、最も売りにしていることを強調することで相手により印象を与えることができます。
第三は自分の趣味、特技、好きな食べ物などプライベートの情報を掲載してみるということです。
人となりを知ってもらうことで、相手との距離がぐっと縮まります。
このようにいかに自分を印象付ける名刺にするかが重要となってきます。