革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

個人事業主の名刺で工夫したい点について

ビル

名刺は自分自身の氏名、住所、肩書きなどが記載された小形の紙片で、主に異業種交流会などビジネスの場で初対面の相手と接する際、自己紹介目的で相手に手渡したり、交換したりするものです。
ビジネスにおいて名刺はよく用いられるツールですが、中でも個人事業主にとっては特に重要な意味を持ってきます。
企業規模の大きい株式会社や法人と異なり、個人事業主は世間の認知度も低く、また人脈もそれほど構築できていないのでいかにして相手に自分を印象付け、その後の人脈形成やビジネスチャンスにつなげていくかという点を考えれば、記載内容を一工夫する必要があります。
相手に自分を印象付ける為の記載内容として、まず第一は自分の強み、得意分野を強調するということです。
業務内容を箇条書きにしているだけは他との違いが分からないため、強みを際立たせることでより相手に自分を印象付けることができます。
第二に自分の顔写真を載せるということです。
外見は最も記憶に残りやすいもので、名前は忘れていたとしても、顔写真を見たら思い出すというケースも多くある為、印象を与える手段として有効です。
工夫の仕方はいろいろですが、個人事業主にとって名刺は重要な営業ツールの一つであるだけに、印象を与える為の工夫がとても重要になってきます。